北海道ミセスアイの電話番号

素朴で純粋な人柄が多い北海道の人妻

北海道の人妻は物事に動じない女性が多く、またプライドもそれほど高くないので、テレクラミセスアイでのツーショット会話の際、大胆な発言をしても、内容が面白ければ大体許されます。
「この人と話していると楽しい」と思ってもらえれば、北海道の人妻は既に心を開いています。楽しく口説いてあげましょう。

北海道の素人女性をご希望の方はマックスで

北海道の人妻テレクラ体験談

仕事で失敗して落ち込んでいたので、久しぶりに北海道テレクラミセスアイで人妻に愚痴でも聞いてもらおうを利用したところ、ちょっとおばさん系の話し方の女性が「暇だから会って聞いてあげるよ。そのかわり居酒屋おごって」というので、エッチな気分ではなかったのですがまあいいかとすすきの駅で待ち合わせました。
出会った人妻…というか熟女はちょっと、いやけっこう太ってる上に化粧もかなり厚く、生理的に受け付けがたい女でした。ハッキリ言ってこんな熟女と二人きりで飲みに行くほど辛いことはないのですが、状況的にやっぱやめようとは言えず居酒屋に行く事になりました。
実際仕事の事はそれほど気にならなくなり、むしろ変な熟女と二人きりになってしまったこの状況に落ち込んでいたのですが、居酒屋で更にテンションが下がりまくってる僕を励まそうとしてるのか「クヨクヨしても始まらないからパァーとやろう!」とかなりのハイペースで飲んでいて、僕とウラハラにテンションあげあげになってしまったのです。
「次行くよ!」と言われ、僕はヤンワリと断ってみたのですが通用するはずもなく街に出ました。すると千鳥足のデブ熟女キングムーの脇を抜ける・・・これは・・・案の定ラブホの前で「ここにしよ!」と。僕はもちろん拒否ったのですが、酒飲んでカラオケやりたいと言う理由で強引に連れこまれました。かなり酔っていて部屋に入るなりカラオケで古い歌を熱唱しながら上着を脱ぎだし、ブラ一枚とスーツのスカートだけと言う、一部のマニアにしかウケないような姿にになってしまいました。
心の中で「超キツぃ…変な要求するんじゃねぇぞ…」と思いながらも一曲唄いました。するとベッド上で片肘を枕に寝転んで聴いていた女が、拍手の代わりに片脚を大きく上げたり下げたりしだしました。ストッキングごしにパンティが丸見えでしたが、当然勃起することもなく見てない振りをし、ただただ唄い終えることに専念しました。僕が唄い終わると「次私の番!でもあなたのマイクがいいなぁ!」と。意味がわからない振りをしたかったのですがそんなのが通用するはずも無く「とうとうきちゃったよ…」と心の中で呟き、頑なに拒否し続けました。すると近付いてきてズボンを下ろそうとしながら「遠慮しちゃダメだよ。だから仕事で失敗するんだよ。」と言ってきました。
「遠慮じゃねぇぞこのババァ」と思ったものの僕は観念し「せめてシャワーだけでも浴びませんか?」と言っても全く聞かず、結局僕のチンチンは口の中に…やっぱりフェラには勝てずチンチンはガチガチになってしまい、僕はベッドに横たわりました。キンタマ吸引に思考回路が止まっていた僕でしたが、ふと目を開けてみると目の前にはいつの間にか全裸のデブオバサンが…多少肉付きがいいのでかなりの巨乳なのですが、そのオッパイを見てびっくり。。。乳輪がハンパなくでかい…それはまさに畑の作物を荒らすカラス避けの目ん玉みたいな風船そのもの。結局僕は人生初のパイズリに悩殺され、69の状態になり熟女のマンコにむしゃぶりついていました。
射精感が近付いてきたので避妊もせずにマンコにぶち込むと「いいよ!今日は大丈夫な日だから中でいいよ!」と言われましたがなんか怖くて発射寸前に引き抜いて口にぶち込みました。熟女の口の中に「ドピュ、ドピュ」と精子が消えていくその瞬間は最高!と思ってましたが「1ドピュ」につき後悔が倍増していったので「3ドピュ」くらいでチンチンを口から遠ざけました。それでもオバサンはチンチンを離すことはなく、全部胃袋の中に。
「中に出してもいいって言ったのに」「万が一何かあったらまずいんで…」オバサンは納得がいかなかったようでもう一回戦…結局その日はそれで終わりました。

翌日オバサンから一通のメールが…「もし落ち込んだりしたらいつでも相談してね」おまけにメールの文章の最後にはハートマークが。。。「勘弁してくれよ…」と思いましが「今度また相談に乗って下さい」とメールしたところノリノリの返信メールが届きました。今度はオバサンのおごりで飲みに行くことになったので、ケツの穴でも舐めて「ヒィーヒィー」言わせてやろうと思ってます。でも本心はデブ専熟女マニアになりそうで怖いです…。

ページトップへ戻る

人妻ツーショットダイヤル テレクラミセスアイ(ミセスeye) Copyright 2011 mrseye AllRights Reserved.